「転職」 朝活メンバーN子さん

「転職」をテーマにして開始された駅前朝活クラブのグループトークは、最後のN子さんの順番が回ってきました。

キレイ目の白いシャツと紺のスラックスを履いたN子さんは、黒いパンプスの足元をきちんと揃え、両膝の上には清楚に両手が添えられていました。

まずは、名前を名乗ったN子さんは、長年ホテルマンとしてキャリアを積んできた事を話してくれました。

海外のホテル勤務などの経験もあり、星印が複数着くような有名ホテルからヘッドハンティングを受け、退職を迎えるまで30年間の間に、10回を超える回数の転職を繰り返したそうです。かれこれ25年前に、ご主人とは円満離婚をされたそうで、離婚のきっかけから独りで食べて行けるように、当時の自宅近くのホテルに就職した事がキャリアのはじまりだったそうです。

お子さんも作らなかったとの事で、仕事が全てのような生き方をしてきてしまったので、昨年からの定年後の暮らしが、無機質過ぎて頭がおかしくなりそうだったと言う事です。

どうして良いか分からず、毎日のようにカルチャースクールに通いまくり、手に余る時間を埋めていたとの事ですが、まさに、この駅前朝活クラブへの参加もそのような無機質な日常を埋める為に、昨年から参加を始めたそうです。

朝活クラブのある日は、誰よりも早く駅前の珈琲スタンドに到着し、まずはホット紅茶を頂くのだそうです。

現在は、ホテルのフロントやコンシェルジュの仕事を、アルバイトスタッフとしてこなしているようなのですが、全くと言ってよいほど、そのホテルの雰囲気が自分に馴染まない事が、現在の最大の悩みごとで、辞めるか続けるのか、それとも13回目の転職をするか迷っているとの事でした。

しかも、ホテル側が彼女の職歴を聞きつけて、社長による直談判があり、アルバイトスタッフの教育係としてのポジションを担当して欲しいとの申し出があったそうなのだ。そんな重荷はもう背負い込みたくないからこそ、アルバイト雇用に落ち着いたはずなのに・・・。

仕事が趣味的な生き方をしてしまうと、定年後の生きがい探しが、まさしく「仕事に戻る」事になってしまうので、お若い方は気を付けて下さいねと、優しくアドバイスして下さいました。

どんな年齢でも、どんな職種でも「就職」「転職」に関する悩みは、十人十色であるものなのですね。

グループトークを終える頃には、なんだか今朝、この駅前珈琲スタンドに到着するまでは、転職するか否かのプレッシャーに押し潰されていた自分が、可笑しくもあり、愛おしくもあり、滑稽に思えてきました。

職業人生においての「転職」とは、どんなに迷っていたとしても、「する」、「しない」は、いつの日か自分の意志が、勝手に自然に決めるものなのかもしれないと、自分の未来に希望が持てるまでになっていました。

最終的には、自分が判断して転職をするわけですから、こうした判断を手助けできるような求人サイト制作が出来たらと思います。

「転職」 朝活メンバーC男さん

朝活メンバー歴1年のC男さんは、数年前からガンとの闘病生活を送る中で、転職を繰り返しているそうです。

その背景には、時代の移り変わりとの関連も深く、アナログだった職場の関係機材が、全てデジタル化を迎え、若い世代に全ての座を奪われてしまった事もあったようです。

各地イベントや地方の会館ホールなどでの音響機器の整備や運搬の全般を行っていたC男さんは、今でも、音響機器に囲まれた職場に未練を残しているようで、その表情は時々曇りがちとなりました。

現在は、タクシードライバーとして、生計を立て奥さんとの共働きでどうにか、生活の基盤はできつつあるようですが、現在のもっぱらの悩みは、ガンの再発への懸念だそうです。

もちろん、禁煙や禁酒、温泉治療など毎日の生活での予防は試みているようですが、次に、働けなくなったら・・、と考えると、どうしようもない不安感に苛まれるようです。

「転職」については、常に考えているようで、このような身体ですと、仕事面では安定が第一なのでしょうが、夢を諦めきれない自分が情けなくてと・・、ニッコリ、皆に笑いかけました。

夢を捨てきれない自分、音響機器に囲まれて過ごす毎日への願望は尽きないそうですが、自分の夢で、明日の白いお米と味噌が買えるようになるには、全ての面で限界が見えてきているのが現状です。

もう少し若ければななぁと・・、自分に弱音を吐く毎日ですよと、ため息をついてみせた素振りに、人の良さが滲み出ていました。

求人サイトを制作するうえで、こうした身体の不調から転職に踏み切る方も少なくはないでしょう。

こうした方々のことも汲み取るとよりよい求人サイト制作が出来るかもしれません。

「転職」 朝活メンバーS子さん

駅前の珈琲スタンドで、週1回開かれる朝活は、もう3年目になるそうです。

今回、初めて私が参加した際のテーマは「転職」でした。

近隣の席の人との個人セッションが終了すると、今度は、グループトークです。

15人のメンバーが集まった朝活クラブを、5人ずつの3つのクラスに分け、グループトークが始まりました。

隣の席のB子さんとは、2人組で個人セッションを終えたばかりだったので、お互いの事は多少知り得ていましたが、新たに加わった3人は、私にとっては未知なる人々です。

S子さん、C男さん、N子さんは、それぞれ、朝活では顔馴染みらしく、朝活新人の私から自己紹介の運びとなりました。

私は、貿易会社に勤めて3年目になるオフィスワーカーです。

事務職といっても、そのほとんどは、電話取りや在庫管理です。雑貨の輸出入を管理する企業なのですが、なんとなく貿易という響きに憧れて入社しました。実際は、倉庫の物品管理をしているような業務になります。

勤務地は、都内の港はずれになりますが、3年前に上京した時の勤務地が、神奈川県の支社でしたので、住まいは1時間半かけて通勤しています。通勤の便の問題もあってか、毎日行き帰りの満員電車に乗る事が、現在最大の悩みごととなっております。転職については、何も考えていません。

どうして「転職」」という朝活テーマに興味をもって参加したのかも分からない状況です。と話したところで、グループの皆さんから、笑いがおきました。

その笑顔に包まれたとたん、来てよかったと感じました。

そこで今度は、朝活メンバーのS子さんに、自己紹介のバトンタッチ。

S子さんは、70歳を超える人生のベテランさんです。「転職」とは、無縁のような気がしていたのですが、朝活の参加には、年齢制限、参加理由は問われません。皆、S子さんの話に耳を傾けます。S子さんは、現在、介護施設で働くパートタイマーです。ご自身は、自宅で安泰な老後を送る予定でしたが、ご主人が倒れ寝たきりになってから、年金生活では安泰な老後は送れないと悟り、65歳で介護資格を取得し、現在70歳の介護員として働いています。

現在はお子さんとは同居せずに、寝たきりのご主人をデイサービスなどに預けながらの出勤です。老々介護なのよ私生活も職場も・・、と笑う、余裕に、精神力が強いお方なのだろうと、そのお人柄が伝わりました。

ご結婚前は、大企業の電気メーカーの人事部に所属し、順風満帆なシングルライフだったようです。ご結婚後は、ご商売をされていてご主人の補佐と育児に翻弄したそうです。育児もご商売も、やっと手を離れたと思い肩の力を抜いた瞬間、ご主人の緊急入院から、介護生活の幕開けとなったそうです。

人生、何があるか分からないから、お若い方は、何でもやりたい事をやり切ってね。と語る優しさに、荒波を越えて来た人生の年輪を感じました。

朝活は、体力もお金も人生の時間も無い自分を励ます場として参加しているのだそうです。友人でも職場の同僚でも家族でもない人達との関わりの場が欲しかったそうです。

「転職」に関しては、介護の仕事に誇りをもって務めているので、日々、仕事に奮闘するのみのようですが、シニアインターン制度などに、最近は興味を持ち始めている自分もいるのだと胸の内を話して下さいました。

なかなかプライベートも夫の介護に明け暮れていると、夢は語れないけれど、「仕事」がある事は、どんな時も自分を支える軸になるから、どんな壁に直面しても、諦めないで下さいねと、逆に私たちが励まされてしまいました。

こうしたユーザーの視点に立つことも大切です。

そういう意味では私もこうして転職活動をしてきたおかげで、今やっている仕事の求人サイト制作でとても役立っています。

求人サイトを作っている方は、こうしたユーザー視点も大切にできるとよいかもしれません。

「転職」 朝活メンバーB子

駅前の珈琲スタンドで見かけた求人サイトの特集記事がきっかけで、朝活なるものを始めました。

朝活の前日は、なるべく残業をしないよう、早めに帰宅して早めに就寝します。通常より、2時間も早起きする必要があるからです。

通いはじめて2ヵ月となる、朝活ですが、初めての朝活テーマは、「転職」でした。ため息が出るほど、求めていたテーマそのものでした。

はじめての朝活の当日は、開始時間よりも、少し早めに珈琲スタンドに着くと、レジでサンドウィッチと珈琲と買って、朝食を軽く済ませました。

朝活の参加費用は500円。事前に珈琲とサンドウィッチ代と共に、レジで支払います。参加費用を支払うと、A4用紙の印刷物が配布され、本日のお題についての進行が、簡単に書かれてありました。

私は、初めての参加だったので、端っこの方の席で、様子を伺おうとしていると、同じく珈琲とサンドウィッチをトレイに乗せた女の子が、お隣良いですか?と、同席してきました。

なんだか、朝活っぽいなぁと思っていると、どこからともなくホワイトボードが出てきて、リーダー風の進行役の男性が、

「おはようございます。本日の駅前朝活クラブのテーマは、転職です。以前、好評だったので、今回は、シリーズ化して第5週に渡って行いますが、いつでも、どの回も参加は自由です。宜しくお願い致します。」

と、小気味よく、ぎこちなさのない自然な雰囲気で、駅前朝活クラブが始りました。隣の席に同席した、B子と軽く、自己紹介して、本日の朝活クラブテーマ、「転職」について話し合います。

まずは、同席した者同士との個人セッションです。

私は、初めての朝活でお隣の席のB子さんとのペアになり、この出会いがきっかけで、その後も長く友人関係を築く関係となりました。

B子さんは、前回の「転職」がテーマであった朝活に出席してから、具体的に転職についての情報を集め、行動を現実的に開始したそうです。

彼女は、人間なんて、こんな小さなきっかけでも動き出すものですと、笑いながら話してくれました。彼女の転職動機は、「地元に帰ろう」だったそうです。

地元愛が彼女の転職の原動力だそうで、B子さんの笑顔は輝いていました。

主に女性物の衣料品のデザイナーをしているB子さんは、10年前に単身で上京してから、大都会でスキルと度胸手に入れ、仕事も軌道に乗り、順風満帆にキャリアを積み上げていました。

ですが、朝活に参加したことがきっかけで、これからの自分の未来像を描いてみたところ、このまま都会で働く理由がみつからなかったようなのです。

駅前朝活で、自分の未来像に気付いたことが全てのはじまりだったと話してくれました。

「転職」は、個々それぞれの理由を秘めていますが、私は、その理由さえもみつからず、毎朝、満員電車に詰め込まれ出社しています。

私自身、転職について、何も話せる事がなかったので、正直に、B子さんに自分の状況を話しました。

自分が、なぜ「転職」したいのかも分からないけれど、なんとなく働いている毎日が好きになれず、そんな自分がさらに好きになれないのだと話すと、キラキラしたB子さんの笑顔が、はじけるように、もう理由はあるじゃないですか。なんとなく働いている事が嫌いで、そんな自分が好きになれないなんて・・。転職の十分な理由ですよ。

そのB子さんの透き通った声を聞いたら、なんだか心の不純物が、スッとろ過されたように、軽くなって目の前が開けたように感じました。

何もまだ朝活では話し合ってはいませんが、自分がここに来た意味がB子さんとの初めての会話で、全て気付かされたような気持ちになりました。

私はこうした経験を経て、今は求人サイト制作などのWEB制作に力を入れているので、焦らず転職をしていってもよいと思います。

朝活テーマ「転職」

<「転職」について、朝活を行います。>

というフ求人サイトの特集記事をみつけたのは、駅前の珈琲スタンドでした。

最近、電車の中で朝も夜も満員電車に揺られながら、思考が止まっていることに気付きます。ス

マホを眺める事もなく、文庫本を広げることもなく、外の風景を眺めることもない、そんな時間を満員電電車の中で過ごしています。

以前までは、この電車の終点まで行ったら、自由になれるかも・・、とか、会社を休んで、このまま小旅行に出かけようだとか、現実逃避の願望と空想を想い描いていたのですが、最近はそんな事もなくなりました。

なぜだろう・・。ひたすら繰り返し、繰り返し・・、車内の中吊りやら、広告のポスターとにらめっこし、キャッチコピーの文字と無機質に微笑む芸能人の顔ばかり追っています。

ふと気付くと、ある広告ポスターの文字を何度も読み返していました。

「会社にしがみつく時代は終わった。転職は、なりたい自分。」

ああこれだ、なんだか、こんな安っぽい後押しが、私には必要だったんだと・・・。その時、左手に無意識に握りしめていた求人サイトの特集が掲載されている記事に気付きました。駅前の珈琲スタンドでみつけた、そのチラシには、「転職について朝活を行います。参加費用500円。」と書かれていました。

満員電車の人の壁に潰されながら、フリーペーパーの朝活日時を、ひたすら眺めていました。明日だ、行かなきゃ。

そこから私の転職に向けて、駅前珈琲スタンドの朝活が始りました。

求人サイトを制作するうえで、こうした企画などを組むことで、よりユーザーの利用が上がる可能性があります。

こうした事柄についても考えつつ、求人サイト制作を行っていってもよいかもしれませんね。